フェミニズムの矛盾ー母性を否定しながら父性を求めるー宇野常寛の母性のディストピアのインタビューを読んで。

宇野常寛氏の母性のディストピアのインタビューを読んでフェミニズムの矛盾を感じた
 
 

宇野 この本を読んでね、フェミニズム関連の研究者あたりにここで書かれている母性は男性から見たものであり、母性に対する内在的な批判ではない、という批判はあるんじゃないかと思う。的外れな批判ではあると思うけど、たしかに僕は今回は意識的に日本の近代の「男性的な」自意識の問題として母性というものを描いているからね。

男性が父になれない、家長になれない崩れの男性の精神的な依存先としての母性であって、究極的に言うと江藤淳村上春樹にとっての母性。男の妄想的産物の母性だという批判は当然来るだろうけど、僕は今回に限って言えばそれ以外は最初から扱う気はかったんだよ。母性そのものの内在的な批評というものと、戦後日本の「母性のディストピア」的な閉鎖性を組み合わせて論じるにはあと二冊ぐらいいると思うんだよ。それはちょっとこれも宿題にさせてほしい。さすがに40万字書いたんだから、「○○が入っていない」みたいな批判は勘弁して欲しいだよね(笑)。それに関しては他の機会に譲らせてほしい。

 

 
この文章の矛盾は「男性は父性的で家長にならなければいけない」としながら女性の立場ではフェミニストを代弁して「母性を求めるなんてマザコンでそもそも母性そのものが男の作り出した幻想に過ぎない」と言っている様に思える点。(母性についてのフェミニストの批判をかわすにはそうなるしかないはず)
 
 
そもそも「家長になれない男性」という批判は家父長制を批判してきたフェミニズムからは矛盾する
 
 
もしかするとフェミニズムは女性の立場のみで性規範を否定し女性が男性にジェンダー主義的に依存される事ー女らしくあるべき、母性的であれ、家事育児は女の役割、家長は夫に譲れ(この場合は義務としての家長ではなく権利としての家長)ーのみを批判しているのではないだろうか、男が男らしくなかったり社会の期待する男の役割を果たそうとしないことが気に入らないのであればそれは男性への性規範意識でありフェミニズムがそれを主張するのは二重基準ダブルスタンダード)になる
 
 
昨今、男女平等が進み男性も男の役割から僅かにせよ解放されつつあるのが気に入らないという空気を感じることがある、この本を絶賛していた宮台真司にせよ男が軟弱化し女を口説いたり男らしさそのものが時代遅れになり男が男の役割を全部担わずに女性と分担するようになったことを嘆いて男性にだけ「性規範的であれ」といった主張を展開するがこの手の主張は最近目立ってきた、
 
 
今までは女性に対する性規範意識を「時代遅れ、女性蔑視」と批判しそれが解消されて行く様を心地よく眺め、その急進さに戸惑い懐古主義になるジェンダー主義者達を「時代遅れ」と嘲笑していた人達が今度は自分達が男性性の解放(男性も性役割の分担を求めるようになった)に戸惑い「現代は駄目だ、昔は良かった(マシだった)」と自己矛盾や懐古主義(時代についていけない古い価値観にしがみつく人)になっているのは滑稽だ
 
フェミニストで男性には性規範的で依存心を持った人というのは実は普通にいると思うが男の女への依存心がマザコンなら女の男への依存心はファザコンになる(私はジェンダー主義者なので双方の依存心を認める立場だが)
 
宮台氏は若者の恋愛離れを嘆いているが社会の「女に依存するな、男女平等」と言いながら「男は男らしくあれ、女を依存させろ」という男性にだけ性規範的であれとする規範意識が恋愛への興味を無くさせているのではないか?女性の恋愛離れは相手がいないだけだが男性は恋愛自体に興味を持たずに都合のいい二次元の恋愛に走る。
 
恋愛はジェンダー主義だから面白みがあると思うが女性は男らしさに依存してもいいが男性はそれをすると女性蔑視やマザコンと言われる、こうした社会の一方的な規範に嫌気が差して批判されながらも男らしさや男の役割を放棄しだしたことに自身のダブスタを省みずに嘆き批判するのは身勝手ではないだろうか
 
私はジェンダーを双方の立場で認めるので男女がお互いに依存しあうのも、はたまた男女逆転のカップルも面白くて有りだと思うが女性への性規範を断罪するフェミニズムの立場を取る者が男性にだけ規範的なのはまさに差別的といえる
 
 
追伸
 
あるフェミニストの女性でツイッターで女への性規範を愚痴ってばかりの人がいたが彼氏にはジェンダー依存心丸出しでデートでは奢ってもらいレディファーストといった立場を得ていたが自分が性役割を期待されたくなくて平等に付き合いたいなら女性である
あなたも男性ジェンダーへの依存心を棄て自立してほしいと思う